【「清水焼」を生かしたお店のリフォーム】お手伝いしました!
伊藤常扇子店

お家や店舗の新築・リフォームの際に、どこにもないオリジナル表札・空間アイテムのご用命承ります。


お客様に大変喜んでいただきました!


お客様と何度も打ち合せをして、材質は磁器、それを高温で丈夫に焼き上げることにしました。
敷石の色は、内装に合わせてお店の雰囲気に合うベーシックな色合い。釉薬で発色する色は限られていますが、幸いしっくりくる仕上がりとなりました。

「伊藤常」社長自筆のオリジナル表札です。呉須絵の具を筆に含ませて一気に書き上げられました。
【京都扇子司 伊藤常】さんはこちらから >>

成形作業中。こちらの大きさは、床に敷く飴色とベージュの扇になります。焼き上げると、約85〜90%に収縮します。歪(ひず)まないようにカンナで丁寧に厚さの調節です。形が整えば、素焼き、施釉、本焼で完成ですが、表札の場合は文字を入れますので、もうひと手間かかります。